行政書士試験の合格率の推移

5

「行政書士試験は合格率が下がった」「行政書士試験は難しくなった」という声が、そこここで聞かれます。実際のところは、どうなのでしょうか?

財団法人行政書士試験研究センターが、次表のように、過去10年間の試験データを公開しています。

年度 合格率
26年度 8.27%
25年度 10.10%
24年度 9.19%
23年度 8.05%
22年度 6.60%
21年度 9.05%
20年度 6.47%
19年度 8.64%
18年度 4.79%
17年度 2.62%

ここ10年の合格率をみると、10%を超えたのは一度だけです。

それでも合格率がヒトケタ後半で安定的に推移していれば、この種の国家試験ではさほど珍しい数値ではないので、「まあ、そのくらいだろうな」と思うだけでしょう。

しかし、平成15年度が2.89%、平成17年度が2.62%と、2%台まで落ち込んでいる年度があるのを見たら、驚く人も多いでしょう。この2%台という合格率は、難関試験として名高い司法書士試験より低いものですからね。

この合格率が低い年には、一体何があったのでしょうか?

合格率が極端に低かった年は・・・単純に、問題が極端に難しかったのです。つまり合格点に到達できなかった受験生が多かったわけです。

行政書士試験の合否の判定は、「上位の〇%を合格させる」といったものではありません。あくまでも、個々人の点数が合格点に達しているかいないかで判断されます。基本的に、絶対評価方式なのです。

ですから、行政書士試験の合格率に、年度による大きな差が見られるのは、試験の難易度が年によって異なっているからです。

しかし、一昔前は行政書士試験は10%前後の合格率がありましたから、「2%」と聞くと、「合格率が下がったなあ」とびっくりする人もたくさんいるでしょう。





Copyright(c) 2013 行政書士試験の合格率検証ルーム. All Rights Reserved.