行政書士の仕事とは?

2

行政書士とは、一言で言えば、書類作成の専門家です。そしてその書類とは、官公署への提出書類や、権利義務及び事実証明に関する書類になります。

具体的には、これから新しく会社を始めようとする人のために、建設業許可申請書、飲食店営業許可申請書、産業廃棄物処理業許可申請書などを作成したり、日本に居住する外国人のために、永住許可申請書や在留資格変更許可申請書などを作成したりします。

また、会社(主に小企業)のために、会計記帳の業務をしたり、色々な契約書を作成したりする仕事もあります。

離婚しようと思っている人から相談を受けて、離婚時の公正証書を作成したり、身内を亡くした人から依頼を受けて、相続財産の目録や遺産分割協議書を作ったりすることも行政書士の業務です。

行政書士は、繁華街の一角に、役所の近くの雑居ビルに、または自宅に、その事務所を構えて営業しています。補助者や従業員を雇っている事務所もありますが、所長1人でやっている事務所もかなりのパーセンテージを占めています。

仕事の忙しさは、その行政書士によって、かなりの開きがあります。食事をする間もない程忙しい行政書士もいれば、全く仕事がなく暇そうにしている行政書士もいます。しかし、これは行政書士に限ったことではなく、自由業者の常と言えるでしょう。行政書士でも弁護士でも、作家も歌手も、みんな同じこと。そしてその収入は、当然ですが、忙しさに連動します。

さて、先ほど、行政書士は書類作成が仕事だと言いましたが、何も1日中、事務所の中で、書類だけを黙々と静かに作成しているわけではありません。クライアントの会社や自宅に出向いたり、官公署(色々な役所)へ書類提出に行ったりと、外に出ることも多々あります。

もっとも、官公署提出書類に関しては、近年、郵送や電子申請での受理が増えてきており、従来ほど官公署へ行く回数は減っているようです。そしてこの傾向は、今後も続くと予想されます。

逆に、クライアントの相談を受ける業務は、今後、益々増えていくでしょう。ですから、これからの行政書士は、起業のこと、離婚のこと、相続のことなどを、気軽に相談できるコンサルタントとしての力量が求められると言われています。

 





Copyright(c) 2013 行政書士試験の合格率検証ルーム. All Rights Reserved.